IT・パソコン

今すぐ構築できるVPNネットワークで簡単テレワーク導入

IT・パソコン

新型コロナウィルスの感染拡大防止のため

各企業では自宅待機で休みにするだけでは仕事が

止まってしまうため、

リモートワークへの切り替えを進めています。

追加設備不要でVPN(仮想の専用回線)を使った

セキュリティのあるネットワークを使って

会社のパソコンを自宅から遠隔操作することで

自宅でも会社と同様の仕事ができるようにすることが出来ます。

無料とは言っても大手企業も使っている仕組みです。

この機会にテレワークも可能な環境を構築することは、

社員を守ることにもつながり、

柔軟な働き方は、新しい雇用チャンスの拡大にも繋がります。

設備も不要で、すぐに構築できる仕組みなので

検討してみる価値はあるかと思います。

VPNの構築方法

VPNとは、Virtual Private Networkの略で、

仮想の専用回線という意味です。

遠隔地からのパソコン操作をするためには

回線の途中で盗聴、データの改ざんなどが出来ないようにすることが重要です。

そこで今回紹介するのは、ソフトで行うVPN構築です。

ネットワークの出入り口にパスワードで鍵をかけて通信するものです。

イメージは↓このような感じです。

VPNの部分がオレンジ色のトンネルのようなところになります。

本来はNTTなどの通信会社と契約して

専用回線契約をして自宅と会社を接続するのが

一番良いのですが、専用回線はちょっとお高いのです。

ちなみに、NTT西日本ではフレッツ・VPNワイドというサービスを

提供しています。参考にご覧ください。

今回紹介するのはソフトイーサという会社が提供している

PacktiX VPNです。

無料で提供していますが、導入例を見ると

一度は聞いたことのある会社でも導入されているようです。

導入例はこちら

ダウンロードのタブからPacktiX VPN 4.0

のサーバーを会社のサーバーに、

クライアントを会社のパソコン、自宅のパソコンにインストールします。

サーバーバージョンは管理機能を持つだけで、

会社にサーバが無い場合は、他のパソコンでも大丈夫です。

おススメとしては、一番スペックの高いパソコンで

できればシステム管理者以外が使用しないパソコンが良いです。

設定方法などは過去の記事「PacketiX VPNの設定方法

を参考にしてみてください。

リモートデスクトップを使ったパソコンの遠隔操作

Windowsの標準搭載機能「リモートデスクトップ」を使うことで

ネットワーク上のパソコンが遠隔操作可能になります。

操作する時はウィンドウに会社のデスクトップがそのまま

表示されるので、会社で使用している専用ソフトや基幹システムなどが

会社と同様に使えます。

リモートデスクトップについては

Microsoftサポートのページにありますので、参考にしてください。

例えば会社のパソコンに自宅からログインして、

会社のパソコンに届いたメールを確認、転送、送信などが出来たり、

会社にいる人に書類を渡したい時は、プリンタから印刷。

会社でサボっている人がいないか監視するには

カメラを取り付けてリモートから監視。。。

なんてこともできます。

会社と自宅の通信回線の速度が影響しますので

一度、試しに使ってみて、処理速度が遅くないか確認してから

導入を広げていった方が良いと思います。

Amazonのおすすめ
事務屋ドットコム

コメント