ジョハリの窓

考え・アイディア

ジョハリの窓を意識してコミュニケーションを円滑に

心理学でコミュニケーションを円滑にするために使われるのが

ジョハリの窓です。

ジョハリの窓では以下のような図を使って分析をします。

上記の図は自己分析のツールとして使われる図ですが、

開放の窓:公開されている自分

秘密の窓:隠されている自分

盲目の窓:自分は気づいていないが他人は知っている自分

未知の窓:誰にも知られていない自分

上記の4つの窓を知り、

自分の「解放の窓」を広げることで

他の人から「何を考えている人か分からない人」というイメージを

払拭してオープンな人間関係を築くことができます。

さらに、開放の窓が広がることで、他の窓の面積を減らすことができるのです。

自分の知らない自分に気づけたり、

誰も知らない未知の自分の可能性に気づけたりといった

ことが開放の窓に入ってくるというメリットがあるそうです。

ただしこれには自己の開放が必要なので

心理的にオープンになれる人間関係が出来ていることが

前提となります。

無理に勧めることは悪化することになりますので

注意が必要です。

普段から自分の気づいたことや、

日常の一部を会話に入れることで、

開放の窓を広げてみませんか?

関連コンテンツ

-考え・アイディア
-, ,

© 2020 事務屋ドットコム