【コロナ対策】夏場のエアコン使用時の上手な換気の仕方

事務の知識 考え・アイディア

【夏場のコロナウィルス対策】エアコンを使いながら上手に換気をする方法

気温も上昇してきて会社のエアコンで冷房が必要な時期になりました。

新型コロナウィルスの感染拡大を防止するためにも換気は必要です。

エアコンは外気を取り入れていない

意外と知らないのが、

エアコンは外気を取り込んで換気していると思っている人。

夏場の冷房運転時のエアコンおの多くはは

室内の暖かい空気を冷たい空気に冷やして室内に戻しているだけ。

なので換気ではありません。

循環という表現が一番合っていますね。

一部、換気機能を持ったエアコンもありますが、

気になる方は換気機能の有無は確認してみてください。

知っておきたいエアコンの知識

換気するには外気を取り入れる必要があるので

窓を開けたり、室内に換気設備があればONにする

といった事が必要になります。

しかし気になるのがエアコンの光熱費。

エアコンの消費電力がピークを迎えるのが

電源を入れてから冷え始めるまでの間です。

なので、使い始めたらこまめにON・OFFを繰り返すより、

そのまま切らずにつけておいた方が良いという事になります。

換気する方法

エアコンの消費電力も気にしながら

効率よく換気をする方法として、

エアコンのメーカーであるダイキン工業株式会社が

上手な換気の方法」というページで詳しく説明しています。

ダイキン工業株式会社のホームページより

ポイントは以下の通りです。

  • 窓は対角線上に開ける
  • 換気扇などの換気設備を使う
  • 外気の入り口は小さく、出口は大きく
  • 一回の換気時間よりこまめな換気
  • 窓は解放面積より開放箇所

あとは、光熱費が気になる場合は、

エアコンの温度設定を若干高めにしておいた方が

良いかも知れません。

あと、こまめな換気といポイントでは、

1時間に10分の換気を1回するよりも、

1時間に5分の換気を2回する方が換気の効果は大きくなるそうです。

休憩時間はこまめに換気するようにしたいですね。

あと、窓を開ける際には片側を空けるのではなく、

窓の両側を開放して2か所から外気を取り入れるようにするのも

効果的のようです。

関連コンテンツ

-事務の知識, 考え・アイディア
-, , , ,

© 2020 事務屋ドットコム