エクセル|Excel

エクセルで簡単に文字を繋げる方法はこの式・関数で解決

エクセルで文字列をつなげて

一つのセルに入力している人はいませんか?

 

例えば良い例が住所です。

都道府県と市町村、番地等を別々にエクセルに入力していて

一つのセルにすべてを表示したい場合、

面倒だけど入力するか・・・

なんて思ったりしていませんか?

 

エクセルではセルの内容を繋げることは簡単

エクセルでセル内の文字列を繋げる方法はいくつかありますが

一番簡単で、

よく使う方法は、「&でつなげる方法」です。

 

そしてもう一つはCONCATENATE関数を使って

繋げる方法です。

 

どちらも簡単なので覚えておくと便利です。

 

やり方は簡単。

以下の表をご覧ください。

&で文字列をつなげる方法

上記の式ではスペースを入れるため,

「&" "&」という感じにスペースを入れる式にしてあります。

=A2&B2という式にすれば

スペースを入れずにつなげた文字列が表示できます。

 

コード番号とコード名といった別々の意味のものを

つなげる場合にはこうったスペースがあると便利ですね。

 

COCATENATE関数でつなげる方法

先ほどの&と結果は同じになりますが、

より多くのセルをつなげる場合はこちらの方が

式が確認しやすいと思います。

 

式の作り方は

=CONCATENATE(つなげたいセル1,つなげたいセル2,・・・)

といった感じに繋げたいセルをカンマで

区切っていくだけです。

 

いままで入力しなければ・・・

と思っていた作業も、

関数や、簡単な式であっという間に解決することがあります。

 

エクセルの作業で面倒だと感じたら

楽に出来る方法は無いか検索することをお勧めします。

関連コンテンツ

Amazonのおすすめ

-エクセル|Excel
-, , , , , , , , , , , , , ,

© 2021 事務屋ドットコム