総務・経理の仕事をしている私(事務屋)が、仕事で感じた「共有すると良さそうなこと」などをブログやPodcastで配信しています。

4月1日から高速料金を安くする方法

NO IMAGE

現在の高速道路のETC割引がこの平成26年3月31日までとなり、

平成26年4月1日からはETC割引が減額されるという報道がされています。

 

具体的には

休日割引が地方部は50%割引から30%割引に減額、都市部は30%割引が廃止

深夜割引(0時~4時)が、50%割引から30%割引に減額

となっています。

 

しかし、割引制度が増えるものもあります。

それが大口・他頻度割引制度です。

大口・他頻度割引制度は「車両単位割引」と「契約単位割引」の2つの割引が受けられます。

【車両単位割引】

契約している車、一台あたりの月額利用料金に応じて割引

車両一台あたりの月額利用額と割引

  •   5,001円~10,000円  10%割引
  •  10,001円~30,000円  15%割引
  •  30,001円~         20%割引

 

【契約単位割引】

1ヶ月の利用額の合計が500万円を超え、かつ1台当たりの1ヶ月の平均利用額が3万円を超える場合には、利用額の10%を割引をする。

(平成26年4月1日より)

1ヶ月の利用額の合計が450万円を超え、かつ1台当たりの1ヶ月の平均利用額が2万7千円を超える場合には、利用額の5%を割引

が上乗せとして追加されました。

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

大口で利用されるバスや、運送会社、地方で広域にわたってルート営業する会社などにはメリットがあります。

自分の会社が該当するかどうか?確認してみてはいかがでしょうか?

 

あと、ETCのマイレージで割引を受けている場合、ETCマイレージの割引率も

最大割引率を現行の13.8%から9.1%に縮小するそうなので、

ETCマイレージから大口・他頻度割引制度への移行も検討が必要になります。

ETCマイレージの説明についてはこちらのサイトからどうぞ