concatenate

IT・パソコン エクセル|Excel 事務の知識

エクセルで文字を結合する関数 | concatenate

concatenate

Excelエクセル)で文字列をつなぐ結合する)方法を紹介します。

 

Excelで、concatenateという関数を使います。

読み方は「コンカティネイト」です。

 

便利な関数なので、こんな場合に役立ちます。

  • 名字と名前(姓と名)をつなげたい場合
  • 年月日が別々のセルに入力されているのでつなげたい
  • 一括して特定の文字を追加したい
  • 区切られたデータを結合したい(市外局番と電話番号など)
  • 住所録データで、住所1・住所2となったセルを1つに結合したい場合

 

この関数の使い方は簡単。

=concatenate("つなげたい文字列1","つなげたい文字列2")

カンマで区切ればいくつでもつなげられます。

A1などのセルを指定する場合は

上記の「"つなげたい文字列1"」に使ってる

"(ダブルコーテーション)は不要です。

 

例えば、A1のセルに「様」をつけたい場合は

=concatenate(A1,"様")

と入力するとA1のセルに入力された文字に「様」が付きます。

 

しかしこれだと変なので、

間にスペースを入れたりする場合には

=concatenate(A1," ","様")

「" "」のように、間にスペースを入力して、

カンマで区切ることで余白も入れることができます。

 

これで離れたセルの文字も1つのセルにまとめることができます。

一度覚えれば使う頻度は高いと思います。

 

関連コンテンツ

-IT・パソコン, エクセル|Excel, 事務の知識
-, , , , , , , , , , ,

© 2020 事務屋ドットコム