事務の知識

【2015年年賀状】 お年玉付き年賀はがきの当選番号

毎年恒例の2015年平成27年)の

お年玉付き年賀はがき抽選日

2015年1月18日(日)です。

今年の賞品は以下のとおりです。

当選番号は分かり次第表示します。

等級 賞品名 当選番号
1等(下5けた) お年玉1万円 82243
2等(下4けた) ふるさと小包など 1351
3等(下2けた) お年玉切手シート 2730

 

1等の現金一万円はやはり魅力的。

誰が当たっても嬉しいものですね。

現金が当たる可能性があるため、

受け取った年賀状の管理も重要になります。

一人に任せっぱなしにしておくと、

担当者が勝手に交換して会社に申告しないという事もあります。

疑う方も、疑われる方もお互い気持ちのいいものでは無いので

管理はきちんとしておきたいものです。

 

2等のふるさと小包はカタログギフト的な感じで

地方の名産品をカタログから選べます。

 

3等のお年玉切手シートは52円と82円の切手が

各一枚ずつセットになったシート。

134円分の切手ですね。

 

まずは自宅で、会社で

年賀状当選番号を調べてみましょう。

 

ちなみに会社で1等が当選して

1万円を受け取った場合の経理処理は

現金 10,000/雑収入 10.000

(消費税不課税)

となります。

 

切手シートは少額で、

そのまま郵便物に貼って投函できてしまうので

とくに経理処理しないところもあるかと思いますが

厳密に処理するとすれば

通信費/雑収入(消費税不課税)

となります。

 

個人の場合は懸賞の応募用に使ったり、

会社の場合は官公庁への提出物、

アンケートなどに使いましょう。

 

知人や、取引先などに使うと

「セコい奴」なんて思われるかも知れません。

自分は別にいいのですが、

会社となるとイメージも大切なので

仕事で使う場合は切手シートの使い方は要注意です。

 

実家で当たった切手シートは実家に手紙を送ったり、

祖父母への近況報告、

離れて暮らしている恋人、友人、兄弟などに

手書きのハガキや手紙を送るのも

ちょっとしたサプライズになって良いかもしれません。

 

海外に暮らす人へハガキを出す場合、

例えば、東京からニューヨークへ25g以下のハガキを

出す場合の料金は60円(船便:2015年1月現在)

国内のハガキの郵便料金は52円なのでお得感があります。

こちらから海外郵便の料金は検索ができますので

検索してみてください。

日本郵便 国際郵便の料金・日数を調べる

 

余談ですが・・・

私は小学生の頃、祖父と手紙を出し合っていました。

祖父からの手紙の封にはお米が3粒貼ってありました。

身近にあるものを糊代わり使う・・・

先人の知恵ですね。

初めて見るお米の糊にビックリしたのを覚えています。

あと、内容はよく覚えていませんが、

自分の字と、祖父の字が同じくらい汚い字で、

親近感をおぼえたのも、

祖父が亡くなった今では良い思い出です。

 

手書きの文字も最近では注目されてきています。

切手シートが当選したら、

誰かに近況を手書きで伝えてみてはどうでしょうか?

Amazonのおすすめ
事務屋ドットコム

コメント