方眼紙のようにエクセルを使う

IT・パソコン エクセル|Excel 事務の知識 考え・アイディア

【エクセル】新しい書式を作ろう!

会社で新しい書式を作るとき、

簡単な表ならばエクセルでも

ワードでも対応できます。

 

しかし記入項目が多い表などは

一度作ると、改定する時に横に3つ並んだ項目を

2つにする場合、全体的なレイアウトが壊れてしまい、

一からやり直しという事になりかねません。

 

後から変更が自由に出来るようにするには

以下のように表を作る前に正方形の小さなセルを

たくさん作ってからセルの結合機能を使って

項目を増やしていくのが便利です。

方眼紙のようにエクセルを使う

後で表の内部の編集が簡単になります。

 

これは用紙の枠に合わせて印刷する場合にも

使えるアイディアです。

既成の伝票や申請用紙などに

会社名や住所、代表者名など定形のもので

印鑑を押すのも大変な場合は

予め用紙の上に印刷するものを作っておくと便利です。

 

印字位置を調整する場合、

セルの目を細かくしておくと

印字位置が合わせやすくなります。

 

さらに、以下の表のように

等間隔に目印を入れておくと、

印字位置の目安が分かりやすくなるため

印刷した時に位置が合わせやすくなります。

方眼レイアウトに目印を入れる

 

 

 

 

関連コンテンツ

-IT・パソコン, エクセル|Excel, 事務の知識, 考え・アイディア
-, , , , , , , , , , , , ,

© 2020 事務屋ドットコム