おすすめ 事務の知識 考え・アイディア

ちょっと待った!光コラボでコストダウンの悪!

会社にかかってくる電話の中で、

光コラボでNTTの回線から転用すると

  • 料金請求がまとめられて安くなります
  • しかも費用はかかりません

などというキャッチフレーズで

勧誘してくる会社があります。

 

光コラボ自体は料金もコストダウンできるものも多く、

悪いものではありません。

しかし、会社で契約するにあたって、

三つの注意したい点があります。

  1. 回線のトラブル時の対応が悪くなる
  2. 解約すると違約金が発生するものもある
  3. 契約の乗り換えができない

以下で詳しく説明します。

1.回線のトラブル時の対応が悪くなる

落雷や停電時など、

インターネットがつながらなくなった場合の

問い合わせ先がはっきりしなくなります。

たとえばNTTの基地局での問題や、

社内に置かれた交換機などはNTTの対応となりますが、

電話回線のトラブルは光コラボ事業者の担当となり、

会社での判断がつかず、両方に問い合わせて

対応を待つことになります。

2.解約すると違約金が発生するものもある

光コラボの契約は携帯電話のように

2年縛りのような契約が多いです。

会社ではあまり解約は無いと思っていても

営業拠点などの廃止や移転などはあるかもしれません。

解約に料金がかかることは覚えておきましょう。

 

 

3.契約の乗り換えができない

一度光コラボ事業者に変更した後は、

もとのNTTに戻りたくても一度解約という形をとるため

電話番号が変わります。

とくに大きな拠点では電話番号の変更はしたくないものです。

このへんは慎重に判断したいところですね。

 

以上、まとめましたが分かりましたでしょうか?

対外的に電話番号を公表していて、

よく電話がかかってくるような

大きな事業所ほど光コラボはおすすめできません。

会社での光コラボでの回線転用は

目先のコストダウンより長期的な信用を優先

したいものですね。

 

関連コンテンツ

-おすすめ, 事務の知識, 考え・アイディア
-, , , , , , , , , , ,

© 2020 事務屋ドットコム