【読書レビュー】モチベーションを思うまま高める法 著:小山龍介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサーリンク

モチベーションを思うまま高める法 著:小山龍介

モチベーションを思うまま高める法 著:小山龍介

日々の仕事にやる気を感じなくなってきた。

仕事がルーチンワークでマンネリ化してきた。

モチベーションが上がらない。

同僚や部下、職場の雰囲気が停滞気味。

そんな悩みを解決する一助となるのが本書です。

私も日々の仕事に追われ、

まわりが見えなくなっているというか、

見ないようにしていると言ったほうが

正しいかも知れません。

そんな毎日を過ごしていると、

部署内のコミュニケーションも悪化するし、

仕事に依存した人生を送ることになってしまいます。

本書では様々な観点から

モチベーションを引き出す方法を説明しています。

大切なのは少しずつでも毎日成長すること。

そんなこと分かっているという声が聞こえてきそうですが・・・

私の気になったところは、

本書の第4章、

「ひらめく」技術-モチベーションを成果につなげる!

の中で、「わからないこと」に取り組む事の重要性が

説明されています。

自分の知らない分野に自分を置くことで

能動的に、より創造的な人生を生きることができると

本書では説明されています。

「わからない」ことに対する反応は

「わからないからやらない」派と、

「わからないけどやってみる」派に分かれます。

現代の膠着(こうちゃく)した日本には

このわからないけどやってみることで、

モチベーションも上がり、

思いもよらない答えを手に入れることができ、

またモチベーションが高いまま維持される

といったところに共感しました。

人によって共感するポイントは様々ですが、

本書は広範囲に渡って

ポイントを紹介していますので

どれかはツボに入るのでは無いかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。