Excel 横長の表を簡単に改行して1ページに納める方法

TopAdd
広告

データベースから出力したデータなどは

横に長い表になっていることが多いです。

横長のExcelファイルをそのまま印刷するには

横幅が長いため途中で切り取ったり、

A3などの大きめの用紙に印刷したりして

なんとか1枚の範囲に入れる力技を使って

いる人が多いのでは?

と思います。

そういう私も最近まではそうでした。

しかしもっともっと簡単に横長の表を

1枚に収める方法があるんです。

しかも簡単に2段、3段などの

複数行になるため

そのデータごとの項目が集まっているため見やすいんです。

やり方はまず、

1段目にしたい範囲をコピーします。

次に、貼り付けるときに

別のシートに、「図として貼り付け」を選択します。

貼り付けるとこんな感じになります。

次に、もとの表の左端を残して1段目として

コピーした列を削除します。

次に2段目にしたい範囲を

左側の個人番号(見出し)から選択してコピーします。

先ほど貼り付けたシートの表の下に

「図として貼り付け」をします。

これで上下2段に横長の表がまとまりました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事
関連記事
Amazon
おすすめ☆アドセンス関連本
スポンサードリンク