事務の知識

車に関する事務を軽減!メンテナンス費用のみをリースする

先日、リース会社の方と話す機会がありました。

その中で、

車検やオイル交換、タイヤ交換といったメンテナンス費用のみを

リースにして事務処理を軽減するという方法が

あるということを聞きました。

 

直感として、

それって実際の経費にリース会社の利益も上乗せされるから

会社的にはメリットあるの?

と思いましたが、

車両が多く、経費処理や車両管理が大変だという会社では

メリットがあるそうです。

珍しいリースの形態だと思ったので

メンテナンス費用のみのリースを紹介したいと思います。

 

メンテナンスのみのリースのメリット

経理の仕分けが減る・楽になる

このメンテナンスのみのリースの場合、

車両は自社で購入します。

車検やタイヤ交換・オイル交換などをリースにするため

車両台数が例えば30台あった場合、

オイル交換が半年に一回

車検・タイヤ交換は二年に1回

といった場合のリースを組まない場合、

2年間で以下の回数の経理処理が必要となります。

・オイル交換は30×4回=120回

・車検は30台×1回

・タイヤ交換は30台×1回

 

合計180回の仕訳が必要になりますが、

これが24回の仕訳で済みます。

あと、車検には様々な費用が含まれるため、仕訳も複雑です。

そういった手間のかかる作業も無くなると

事務作業の軽減につながります。

 

車両にかかわる人の労力が減る

特に経費に厳しい会社では

その都度、値引き交渉をして相見積もりを取ったり

上司の決裁が必要だったり・・・

関係する人の労力も馬鹿になりません。

 

そこでメンテナンスのみのリースにした場合、

タイヤ交換の値引き交渉や、

社内での申請・決済/承認が不要になります。

 

これって自分の仕事に集中するという意味で

とてもメリットのある事だと思います。

 

当然、経理部門では

台数が一定で使用条件が変わらない場合、

毎月、同じ金額を同じように仕訳をするだけなので

事務処理や管理が楽になるのです。

 

これってリース会社に事務処理を

アウトソーシングするってことなんですね。

 

書類も減る

見積書や請求書、納品書など

その都度発生する書類もリースにすることで減ります。

 

地方などで書類を保管する場所に余裕があれば

あまり気になりませんが、

保管する場所が無いという会社では

書類の削減は深刻な問題です。

 

書類の削減という意味でもメリットはあります。

 

 

コストの平準化

あとはリースの一般的なメリットとして、

コストの平準化です。

 

例えば30台の車検が3月に集中する場合、

車検の費用が一台15万円かかる場合、

450万円の費用がその月に集中します。

 

その経費の集中を避けるという意味でも

リースは有効な手段ですね。

 

最後に

まず、私はリース会社の回し者ではあません。^^;

リースって実際の支払額より高くなるので

資金が無い場合の借入の代わりのようなイメージでいたのですが、

 

効率化を図る上で、リース費用を

外部に様々な業務を委託する費用として考えると

メリットは大きいかもしれません。

 

台数が少ない場合、メリットは少ないかもしれませんが、

管理する車両が多い会社では一度検討してみる価値は

あるかも知れませんね。

 

でわ でわ

関連コンテンツ

Amazonのおすすめ

-事務の知識
-, , , , , , , ,

© 2021 事務屋ドットコム