知ってると得をする!『ものづくり補助金』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサーリンク

『ものづくり補助金』は中小企業庁が管轄する事業で、

正式名称を『ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金』といいます。

短縮して『もの補助』とも呼ばれています。

この『ものづくり補助金』は審査がありますが

審査を通過することができれば

資金面での負担が少なく設備が導入できるため

とてもお得です。

本記事作成日現在、平成30年の補正予算での補助金の受付中です。

補助金の金額はいくら?

購入したい設備の1/2から2/3の補助が受けられます。

補助金として受け取れる金額としては

100万円~1,000万円となります。

申請方法は?

コストをかけずに申し込むなら

まずはお近くの商工会議所に相談すると良いと思います。

この補助金については作成は自社で行っても、

申請前に 「認定支援機関」のお墨付きがないと申請できないようになっています。

「認定支援機関」には 金融機関や、会計事務所などがなっている

ケースもありますが、成功報酬型の金銭の支払いが発生する可能性があります。

申請すれば補助金が受給できるの?

この補助金は審査があります。

競争率は2倍とも言われていますので、

出せば通る制度ではない。ということをご理解下さい。

申請書類は15~20頁程度のレポートの作成が必要です。

内容は事業概況から事業の優位性や革新性などを盛り込んだ

審査員に説明・PRする文章です。

この文書作成が一番の山かも知れません。

あと補助金の審査にあたり、加点項目があります。

加点とはいっても、競争率が高いのでほぼ必須のようです。

事前準備が必要なので優先順位的には高いものになります。

以下に、一部を抜粋します。

  • 平成30年12月21日以降に申請した先端設備等導入計画の認定取得
  • 経営革新計画の承認取得
  • 総賃金の1%賃上げ等

そちらの準備も必要となります。

詳しくは全国中小企業団体中央会のページの公募要領(参考版)の63ページをご覧ください。

公募説明会が各地で開催されています

公募に先立って制度の概要から、

申請書の作成方法、補助金支給までの流れといった一連の説明会が

各地で開催されています。

すでに平成31年度(2019年度)の説明会は

2月~3月頃に行われるところが多いようです。

すでに始まっていますので、気になる方は

近くの説明会の会場を検索してみてください。

参考図書

認定機関も参考になるという補助金に関連した書籍があります。

ノウハウが端的に分かりやすく書かれています。

書類作成のガイドブックとして1冊あると良いかもしれません。

私のおススメは以下の本です。

認定支援機関実務ハンドブック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す