Macで作ったファイル名がWindowsPCで開くと文字化けする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサーリンク

 

文字化けするのは理由と対策を説明

原因はMacとWindowsの仕様の違いなんです。

その詳しい内容と、無料で簡単にできる対策を

会話形式で説明したいと思います。

 

デザイン会社や印刷会社で作成した
画像データの入った圧縮ファイルを開くと
ファイル名が文字化けして、
その都度訂正している・・・

そんな方はいませんか?

はい!
・・・私です。

いつもファイル名が変な文字になっているので
こちらで訂正してファイルを保存しているんですが
それが大変で・・・

印刷会社の方に伝えたのですが、使用環境の違いだから仕方ないと言われてそのままなんです・・・

それは大変ですね。

デザイン会社や印刷会社ではMacOSを使うのが
当たり前になっています。
文字化けの原因はMacではUnicode(UTF-8)という
エンコード(文字コード)を使っているのですが、
多くの会社で使用しているWindowsOSでは
シフトJISというエンコードを使うため、
文字を表示したときに「文字化け」の症状が出るんです。

先生!
それって何とかならないんですか?

文字化けしない方法はいくつかあります!
今回は解凍ソフトで行う簡単な方法を説明します。

CubeSoft で提供している
Cube ICEというファイルを解凍するフリーソフトがあります。
これを使うと文字化けしないように解凍してくれるので便利ですよ。

無料で文字化けしないようにできるんですか!
そんな便利なソフトがあるならもっと早く教えてくれればいいのに・・・

それならもっと早く聞いてください!

はい・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す