Excelの余白設定の黄金比はこれ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサーリンク

Excel余白の黄金比

Excelの初期設定では左右の余白が

1.8cmとなっています。

そのため、A4縦サイズの書類を作成しようとすると

印刷枠の点線が表示されますが、

この幅が割と狭いんです。

 

↓こんな感じです。

 

さて、印刷する左右の幅を広げるためには

どうすれば良いかと言うと、

簡単に設定するならば、

「ページ設定」タブ内にある「余白」をクリックして、

「狭い」を選択します。

この余白は割と少ない方です。

印刷して左側をパンチで穴あけして綴る

といった場合、文章に穴を空けてしまう場合があります。

穴を空ける場合は1.5㎝程度の余白が欲しいところです。

 

さて、この1.5㎝の余白の確保ですが、

先ほどと同じ画面内にある

小さな右下矢印のボタンをクリックすると

更に詳細な設定が可能になります。

 

すると、ページ設定の画面が表示されますので

「余白」タブをクリックして

以下の設定にすると良いです。

 

穴あけが出来て、A4サイズを有効に利用でき、

それでいて、きつい感じが無いギリギリの黄金比です。

もちろんヘッダーもフッターも通常サイズのフォントなら

大丈夫です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す