経理

【経理の働き方改革】仕訳はExcelから入力して効率化

経理

経理の仕訳は伝票から手入力していませんか?

会計ソフトの標準機能で

ExcelやCSVファイルからの仕訳作成をすることが出来るんです。

この機能を使えばかなりの時短が可能です。

仕訳のもととなるExcelデータ

仕訳を取り込む元となるExcelデータとしては

  • 現金出納帳
  • 買掛金・未払金・売掛金の管理台帳
  • 共通部門に仕訳された経費の部門別配賦表

といったものが挙げられます。

簡単な目安としては

その表や紙を見ながら仕訳を入力しているもの

ということになります。

仕訳にそのまま使用することはできなくても

その表の中に仕訳の情報が含まれているはずなので

あとは一工夫するだけで、

そのまま会計ソフトに取り込めるようになるんです。

買掛金の管理台帳を作成する時、

今月の仕入れや、支払いを取引先ごと全てに入力しますよね?

せっかく入力したデータなので

今月の仕入れ仕訳の計上はこの表から行ってしまおう

というイメージです。

大変なのは最初の設定のみ

Excelからの取り込みで大変なのは

最初の設定だけです。

最初の設定とは、

どの列に金額が入っていて、日付はどの列か?

といった仕訳項目とExcelで参照する場所を

紐づけする作業です。

これは一つずつ行う必要がありますが、

これさえきちんと設定すれば、相当仕事量が減ります。

そんな楽になるイメージを想像しながら頑張ってみましょう。

専門知識も不要でかなりの効率化

一度設定が出来てしまうと、

あとは経理の知識が無くても誰でも仕訳が出来るため

属人的から誰でもできる業務に変わっていきます。

それが良いか悪いかは別の話として

一人休んでも誰かが出来るということは

休みやすい環境になるということ。

経理部門の働き方改革の取り組みとしていかがでしょうか?

Amazonのおすすめ
事務屋ドットコム

コメント