事務の知識

実質無利子!? 「新型コロナ感染症特別貸付」とは?

事務の知識

新型コロナウィルス感染拡大によって

以下の条件に該当する場合、

「新型コロナ感染症特別貸付」を受けることができます。

  • 最近1ヵ月の売上高が前年または前々年同期に比し5%以上減少していることまたはこれと同様の状況にあること(注1)
  • 中長期的にみて、業況が回復し、かつ、発展することが見込まれること

(注1)業歴が3ヵ月以上1年1ヵ月未満の場合等は、最近1ヵ月の売上高が、次のいずれかと比較して5%以上減少していることをいいます。

① 過去3ヵ月(最近1ヵ月を含む。)の平均売上高
② 令和元年12月の売上高
③ 令和元年10月~12月の平均売上高

実質金利無料は本当?

融資後は、利息も含め返済となりますが、

後日、低減した利率の利息部分についての返金があります。

これがいわゆる政府が設ける利子補給の制度(特別利子補給制度)です。

利子補給を受けることで、

当初3年間は実質的に無利子となります。

ここで注意が必要なのが特別利子補給制度です。

この特別利子補給制度を受けるためには

中小企業の場合、売上高が

新型コロナウイルス感染症特別貸付で確認する

最近1ヵ月に加え、

その後の2ヵ月も含めた3ヵ月間のうちの

いずれかの1ヵ月の売上高が20%以上マイナスになっている

ことが条件に追加されます。

最長で5年間元本の返済が不要

新型コロナウイルス感染症特別貸付で

最長15年の運転資金が調達でき、

最長5年の据置期間で、当面元本返済が不要です。

ただし、企業の規模によっては上限がありますので

注意が必要です。

借入の相談時によく確認をした方が良さそうです。

利用できるのはどこの金融機関か?

本記事作成日現在では以下の金融機関で

新型コロナ感染症特別貸付の借り入れが可能となっています。

Amazonのおすすめ
事務屋ドットコム

コメント