事務の知識

ボーナスを支給したら賞与支払届をお忘れなく!

コロナ禍でボーナス支給が亡くなったり、

逆に、数年間ボーナスが出なくて、

コロナ特需で、久しぶりにボーナスが支給された!

と喜んでいる会社もあるかと思います。

 

12月は、通常の給与支払いに加えて、ボーナスの支給、それに加えて年末調整と、

給与、社会保険、経理の担当者にとっては

忙しい時期です。

 

忘年会、新年会の手配や、大掃除の段取り、

年末年始の恒例行事などイベントが次々に押し寄せる

1年の中でも大変な時期です。

 

 

しかし、夏のボーナスでは

決算事務もひと段落し、

比較的仕事に余裕のある時期となります。

 

特に、久しぶりのボーナスの場合忘れがちなのが

賞与支払届の提出です。

 

賞与が支給されたら社会保険の手続きとして

忘れてはならない仕事です。

 

正式には

健康保険・厚生年金保険被保険者賞与支払届」という個人別の明細と、

健康保険・厚生年金保険被保険者賞与支払届総括表」という表紙の一枚を提出します。

 

原則、提出期限はボーナス支給後5日以内となっております。

詳しくは日本年金機構のホームページに掲載されています。

[browser-shot width="400" url="https://www.nenkin.go.jp/service/kounen/hokenryo/hoshu/20141203.html"]

 

提出書類も書式のダウンロードができます。

日本年金機構の上記のページの中ほどにありますので

ご活用ください。

Amazonのおすすめ

-事務の知識
-, , , , , , ,

© 2021 事務屋ドットコム