マイナンバー制度 事務の知識 税務

1分で分かる 平成28年度年末調整のポイント(変更点)

平成28年の年末調整では

いくつか変更点がありますので紹介します。

 

1.通勤手当の非課税限度額の引き上げ

平成28年4月1日より

通勤手当の非課税限度額が

10万円から15万円

引き上げとなっております。

 

2.海外に住む親族の扶養控除適用

今回から国外に住所を有する

配偶者および扶養親族に対しても

扶養控除が受けられるようになりました。

 

3.年末調整関連書類にマイナンバーの記載省略

平成28年4月1日提出分から

給与所得者の保険料控除申告書

給与所得者の配偶者特別控除申告書

給与所得者の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除申告書

以上の書類に関してはマイナンバーの

記載が省略できることになりました。

担当者はホッと一息ですね。

 

4.復興特別所得税の計算

年末調整で所得税が確定した後(住宅ローン控除後)、

算出された年税額に102.1%を掛けます

これが今年の最終的な年税額になります。

2.1%復興特別所得税として上乗せ計算される

ということになります。

 

あと、来年度(平成29年)からの変更が

国税庁で案内がありますのでこちらをご確認ください。

具体的には、

・マイナンバー記載書類が増える(退職所得関係など)

・源泉徴収税額表の改正

です。

 

詳しくは国税庁に年末調整の手引がありますので

こちらからご確認をお願いします。

 

Amazonのおすすめ
事務屋ドットコム