事務の知識 税務

来年から市販薬を年間12000円買うと控除が受けられます

2017年(平成29年)から市販薬でも

医療費控除の対象となります。

来年からは病院の領収書の他に、

ドラッグストアなどのレシートも

集めておいたほうが良さそうです。

現在は年間10万円以上の治療費などが

対象となっていて、入院や大きなケガなどを

しない限り、あまり縁の無い控除でした。

しかし、来年の1月からは市販薬も

医療費控除の対象となるため、

身近な控除になりそうです。

対象となる市販薬はスイッチOTC薬と呼ばれる

今までは処方箋が必要だったものが

現在は処方箋不要なっているものです。

ドラッグストアなどの近くの薬局で買えるものなので、

年間12,000円ならば一ヶ月あたり1,000円以上買えば

控除の恩恵を受けられるということになります。

この新制度にはいくつか注意点があるので

ポイントだけ紹介します。

1.現在の10万円の医療費控除との併用は不可

2.控除額は12,000円を超えた部分から上限は100,000円

例えばスイッチOTC医薬品を

年間20,000円購入した場合は、8,000円の控除となります。

3.医療費控除額=税金が安くなる金額ではない

ここが税金の難しいところです。

例えば年間所得が

195万円以下なら5%

330万円以下なら10%

695万円以下なら20%

900万円以下なら23%

となっています。

例えば先程の8,000円控除を受ける場合、

年収が400万円の方は8000円×20%=1,600円

となり、税金が安くなるのは1,600円となります。

詳細は厚生労働省のホームページに

掲載がありますのでこちらからご確認ください。

関連コンテンツ

-事務の知識, 税務
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

© 2020 事務屋ドットコム