手書きメモ始めませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサーリンク

手書きメモ

仕事で得意先に書類を送るとき、

お客様へ商品を送るとき、

そして同僚や上司、部下にメモを残すとき、

あなたは手書きのメモを使っていますか?

それともプリントアウトした紙を添付していますか?

 

私の場合、

以下のように使い分けをしています。

手書きをするもの

  • 身近な人への伝言
  • 謝罪など、こちらに非がある場合に添付
  • 感謝・感動など気持ちを表現したい時

印刷するもの

  • 定型業務でやり取りする書類
  • 長文になるもの

 

主に以上のように使い分けをしています。

手書きの文字は気持ちを表現したいときに

とても役立ちます。

 

付箋(・・・今はインデックスが主流ですかね?)

に一言、

「いつもありがとうございます」

と書いて添えるだけでも

受け取った相手は嬉しい気持ちになるものです。

 

特にトラブルが無くても、

たまにはそういった気持ちを添えることは大切です。

 

ちょっと時間の空いたときに

手書きで一言メモを添えてみませんか?

相手からの反応を期待しすぎると

何も反応が無い時は残念な気持ちになりますが・・・

 

それでも、反応を期待してはいけません。

相手も忙しいのかも知れないし、

やさしさの押し売りはかえって迷惑になります。

 

チョット時間が空いたから、

今回は手書きで・・・

営業の人の机に書類を山積みに置くのではなく、

「お疲れ様です」と一言添えるだけでも

暑い中、外を駆け回っている営業の方の癒しに

なると思います。

 

仕事をする中でそんな余裕が出てくると良いですね。

 

だけど、あまり頻繁にやると効果が薄れてしまうので

ときどき」やることがポイントです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す