所得額が330万円を超えたら所得税率って2倍になるんです!

TopAdd

スポンサーリンク

年末調整の時期が近づいてきました。

年末調整は必要項目を入力するだけで

還付額や、不測の徴収額が自動的に計算できるので

年末調整を担当している人は詳しい知識が無くても

年末調整の計算ができてしまいます。

便利な反面、担当者として仕組みくらいは知っておきたいものです。

そこで、今回は「所得税率」について

説明したいと思います。

所得税率は国税庁のHPに早見表があるので

出典:平成27年以降分 所得税率の早見表(国税庁)

国税庁のHP内でも例として以下の計算方法が出ています。

例えば「課税される所得金額」が700万円の場合には、求める税額は次のようになります。
 700万円×0.23-63万6千円=97万4千円

スポンサーリンク

出典:平成27年以降分 所得税率の早見表(国税庁)

こういった所得税率で計算されているということを知るだけで

税率がどの段階で切り替わるか?

税率ってどのくらいなのか?

といった事が分かりますよね。

ちなみにタイトルにも書いた

330万円超から695万円までは所得税率が

20%となります。

さて、ここで注目したいのは所得金額という言葉です。

所得金額って手取りの金額でも、

給与明細の支給総額でもないんです。

詳しくはまた次回に紹介したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
関連記事
Amazon
おすすめ☆アドセンス関連本
スポンサードリンク