経理

経理業務の「支払金額」のチェックポイント

経理

経理の業務の中でも重要な仕事の一つに

支払金額の確認があります。

初めて経理を担当することになった人や、

今までも経理をやって来た人でも

担当する仕事が変わったという方に

もう一度再確認しておきたいポイントをまとめましたので

参考にしてみてください。

支払金額のチェックポイント

支払については大きく、

現金と、今回は現金の支払いをメインに説明します。

伝票の記入漏れなどの基本的なことは省略しますが、

  • 承認(上司・部門長に)されたものか?
  • 予算内の申請か?
  • 金額は決裁権限を越えていないか?

といったところがポイントにになります。

経理に届いたからといってすぐに支払うのではなく、

支払っても良いものなのか?

を判断することが重要な仕事になります。

大企業になると、人が多くなるため、規定ができて

ルール化がされていますが、

中小企業ではこいったところが整備されていないところも

あるかと思います。

承認ルールが無い場合

経理規定、購買規定、決裁権限規程などが

整備できていない場合は、

せめて購入した物や、

誰がどの程度、購入しているのか?

といった事を把握するためにも、

各部門の長からの承認を得てから経理に支払手続きといった

流れを作りましょう。

押印欄が無い場合でも、

領収書に押したり、伝票の欄外に押してもらうでも

構わないと思います。

重要なのは上長の承認です。

予算が無い場合

予算が出来ていない場合は

前年同月の支出と比較したり、

月次の経費の増減の理由を把握をするといった管理をしましょう。

なんでも規定やルールを整備するというのが

大変な中小企業ではありますが、

自分のできる事から改善していきたいものです。

決裁権限の規定がない場合

誰がどの金額までを承認するかというのが

決裁権限になりますが、

小さな会社は経理部長や社長が承認といった形だと思います。

経営層の仕事を減らすためにも3000円未満は

課長決済などと、ある程度の枠を決めると

チェックするものが減って良いかも知れません。

Amazonのおすすめ
事務屋ドットコム

コメント