子供を寝かせようとして読んだら大人も寝てしまった!おやすみロジャー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサーリンク

仕事で疲れて帰ってきて、

子供の寝る時間が遅くなりがち・・・

 

早く寝かせてあげたい。

そう思う親の気持ちは誰も同じだと思います。

子育ての悩みもストレスとなり、

日々の仕事に影響します。

 

そんな日々の寝かしつけ問題の救世主となりそうな

絵本があったので紹介します。

 

テレビでなかなか寝ない子供を

寝かしつけるのにオススメ!

と紹介されていた本です。

タイトルは「おやすみ、ロジャー」です。

 

紹介とレビューを兼ねての報告をします。

まず数ページパラパラめくると

絵が少なく、文字が多い印象を受けました。

 

巻頭には心理学で眠くなるための技法が

「おやすみ、ロジャー」には

盛り込まれていて、

ゆっくり読む場所には文字に色付けされていたり、

子供の名前に置き換えて読む箇所などがありました。

 

私も実際に6歳と3歳の子供に読んでみました。

まず10ページ目にたどり着く前に下の子が寝ました。

13ページで私が眠くなり、

読むのが終了しました。

上の子はその後、寝たそうです。

 

「おやすみ、ロジャー」は大人にも効果的でした。

子供が夜、なかなか眠らなくて困っている方には

一度試してみる価値はあります。

 

子育て世代のパパママにオススメできる

一冊だと感じました。

SNSでもご購読できます。