事務の知識 健康 考え・アイディア

インフルエンザ予防接種を会社で実施してみよう!

インフルエンザ予防接種 事務の知識

毎年、12月から2月まで猛威を振るうインフルエンザ。

なってから後悔しても遅いので

早めの対策をしたいものです。

 

インフルエンザの影響

会社で1人でもインフルエンザに感染すると

同じフロアの人に感染して

ギリギリの人数で仕事をしている職場では

2人も休むと仕事が回らない・・・

なんてことにもなりかねません。

 

特にインフルエンザは、

子育て中のパパママ世代が

子供から感染してしまうケースも多く、

その世代は中堅で実務を引っ張っていくリーダー層であることが多く、

1週間も休むと会社の信用問題にもなりかねません。

 

そうならないためにも、

今からインフルエンザの予防接種を会社で実施することを

おススメします。

 

インフルエンザ予防接種の補助金は?

実際、健康保険組合などで補助を実施しているところは

いくつかあるようですが、

インフルエンザの予防接種で補助金というのは

あまり期待できないのが現実です。

 

インフルエンザ予防接種の価格は?

予防接種は病院によって異なりますが、

私の聞いた範囲の情報では

2000円程が相場のようです。

人数が多ければ安くしてもらうよう交渉するのも良いと思います。

あと、医療機関に個別に行くことで

病院の負担を減らして安くしてもらうのもアリかも知れません。

 

予防接種の費用は高い?

2,000円/人のコストが高いと見るか、安いと見るかは

会社次第だと思いますが。。。

 

一週間休むリスクを考えると

2,000円程度の負担なら安いものだと思います。

 

およそ一時間程の残業代程度のコストで

インフルエンザで一週間休むリスク、

それに伴って周囲の残業が増えて残業代の支払いが増えるリスク、

といったものがある程度抑止できるのは

会社としても、ありがたいものです。

 

福利厚生の一環としてもPRできます

会社負担で予防接種をすると、

いつもは個人で予防接種を受けていたという人からは

実費負担が減るわけなので、

家計が若干ではありますが助かります。

 

特に子育て世代には厳しいやりくりの中で

負担しているものなので、

そういった社員からはとてもありがたい制度です。

 

あと、会社での接種が福利厚生の一つとして

毎年行うことで、働きやすい労働環境を提供するといった

外部へのPRにもなります。

 

 

社会的責任も・・・

仕事で外回りをして

社外の人と接触する営業などの仕事の場合、

自分がインフルエンザになってしまうと、

取引先に感染を広めてしまうことにもなります。

 

今や冬の時期のインフルエンザは当たり前のような状況です。

インフルエンザにかからないよう対策するのは

社会的責任かも知れませんね。

 

Amazonのおすすめ
事務屋ドットコム

コメント